読みもの -美肌理論-

【肌の赤みとマスクの関係】素材を見直しませんか?

新型コロナウイルス対策にこれまでつけることの少なかった夏場もマスクをつけていることで、マスクによるニキビや赤み、乾燥などの肌トラブルで皮膚科に来院する方が増えています。

なかでも赤みは、摩擦や汗による蒸れなどのほかに、マスクの素材が原因かもしれません。

ポリウレタン製のマスクは繰り返し洗って使えるので、多くの方が利用していると思います。
その原料に「イソシアネート」という化合物が使われていることがあります。

アトピー性皮膚炎のように外部刺激を防ぐバリア機能が弱い方は、アレルギー反応が出やすくなります。
また、もともとアレルギーの素因がない人も刺激で赤みが生じる場合があるので気をつけましょう。

もし「イソシアネート」によって赤みが出ている場合はほかのアレルギーと同様に、アレルゲンから避ける必要があります。

対策の1つに着用するマスクの素材は、表面に凹凸が少なく摩擦の少ないガーゼや布などがおすすめです。

また、洗濯に使う柔軟剤にはポリウレタンを配合した製品もあるので、マスクを洗うときに使う柔軟剤の成分を確認してみてください。
洗剤で十分にウイルスを除去できるので、気になる方は柔軟剤を使わずに洗濯しましょう。