読みもの -美肌理論-

肌のくすみや老化の原因「糖化」

肌のくすみや老化の原因は、紫外線だけでなく食事も関係しています。「糖化」という現象をご存知でしょうか。
今回は、からだをサビつかせる「酸化」と同じように肌の老化の原因として注目されている「糖化」についてご紹介します。

「糖化」はからだのコゲ

糖化とは、食事などで吸収した余分な糖が体内のたんぱく質と結びついてAGEsをつくりだす現象です。 このAGEsは、組織を硬化させたりカラメル色に色素沈着したり活性酸素の生成を亢進させるなどさまざまな組織や細胞を劣化させます。
皮膚や髪、爪、血管、筋肉、骨や臓器など私たちの身体はタンパク質で構成されています。 そのため、糖化の影響を受けやすくしみ、シワなどの肌トラブルをはじめ、抜け毛や切れ毛、動脈硬化、骨粗鬆症、白内障、糖尿病の合併症、脂肪肝、アルツハイマーなどさまざまな疾患との関連が指摘されています。

年齢よりふけて見える「糖化」

肌のハリや弾力を保つコラーゲンもタンパク質なので糖化は肌にも影響します。 糖化によって肌のハリを保つコラーゲン繊維が破壊されると、肌は弾力を失ってたるみやシワの原因になります。
また、糖化でつくられたAGEsは硬く茶色っぽく色づくので、皮膚の細胞に沈着するとシミやくすみになって肌の透明感が失われます。 さらに、髪のタンパク質が糖化すると、髪のハリやツヤがなくなるので、見た目年齢が実年齢より老けた印象を与えてしまいます。

「糖化」から守る

糖化でつくられたAGEsは分解が難しいので、糖化の対策には予防がとても重要です。 糖化を防ぐ方法は、食後の血糖値の急激な上昇を避けることです。 炭水化物を食べる前に食物繊維が豊富な食品や肉や魚などのタンパク質をとると血糖値の急上昇を抑えられます。
また、そばや春雨、いんげん、レタス、オレンジ、いちごといった血糖値が上がりにくい低GI食品をとり入れると効果的です。
焼き菓子や揚げ物などの加工食品には、すでに糖化してAGEsを多く含むものが存在します。 そのAGEsの約10%が体内に吸収されるという報告もあるのですでに糖化した食品をとりすぎないよう心がけましょう。