読みもの -美肌理論-

美肌の大敵!ポリューション対策していますか?

近年、皮膚科学会や美容業界では、大気汚染などの「ポリューション」が与える肌への影響が注目されています。
今回は、そんなポリューションによる肌への影響を未然に防ぐ「アンチポリューション」についてご紹介します。

ポリューションが与える肌への影響

ポリューションとは、公害などで起こる「汚染」のことです。なかでも排気ガスやPM2.5、タバコや花粉などの大気汚染は、「環境ストレス」につながりやすく、肌へさまざまな影響を及ぼすことが知られています。
一般の人にとっても、しみやしわなどを引き起こして肌老化を加速させることもありますし、バリア機能が低下している敏感肌の方は、ポリューションの影響を受けやすく肌荒れやくすみなどを招きやすくなります。 大気汚染が進む都市部に住むほうが環境ストレスが少ない地方住居者より、肌が老けやすいという研究結果も発表されています。

大気汚染の影響を防ぐアンチポリューション

ポリューションが肌へ与えるのは大気汚染が生み出す「活性酸素」が大きな原因です。 そのためアンチポリューションには、活性酸素を除去する作用がある抗酸化物質が有効です。
抗酸化物質には、野菜に含まれる「カロテノイド」や「ポリフェノール」、また「ビタミン」などがありますが、なかでも「フラーレン」は、ビタミンCの172倍の高い抗酸化力があり、効果に持続性があることからエイジングケアや美肌ケア癌の治療研究にも活用されているほど。 当然、アンチポリューションにも高い効果が期待できます。
また、大気汚染だけでなく紫外線による活性酸素にも効果があるので紫外線と大気汚染に負けない肌づくりの手助けになります。