読みもの -美肌理論-

忘れていませんか?目の紫外線対策!

日焼け止めや日傘、アームカバーなどさまざまな紫外線対策アイテムを活用している女性を見かけますが目の紫外線対策はしていますか?
今回は「目の日焼け」についてご紹介します。

目が日焼けすると…

目が日焼けをすると角膜が炎症を起こして充血や異物感、乾燥などさまざまなトラブルが起こります。 また、長期的に繰り返し強力な紫外線を受け続けると水晶体が老化して白内障を起こすリスクも増加します。

皮膚も黒くなる「目の日焼け」

これまでは皮膚に紫外線を浴びたところが日焼けして黒くなったり赤くなったりすると言われていましたが、最近の研究で皮膚に紫外線を浴びなくても目が紫外線を浴びることで肌が黒くなることがわかりました。

■メカニズム■

  1. 目が紫外線を受ける
  2. 「紫外線を浴びている」と勘違いする
  3. 信号が脳に伝わる
  4. ホルモンが分泌
  5. メラニン色素をつくる細胞を刺激
  6. 全身のメラニン量が増加
  7. 皮膚が黒くなる

サングラスで美白ケア

肌の紫外線対策をがんばっても目が日焼けしては美白ケアが追いつきません。UV加工されたメガネやサングラスを活用して目も紫外線のダメージから守りましょう。
ただし、色の濃いサングラスは瞳孔が大きくなって紫外線を吸収しやすくなるのでご注意ください。