読みもの -美肌理論-

乾燥する季節の前に。毎日続けたいボディケア

今回は、乾燥が気になる方のために「毎日続けたいボディケア」についてご紹介します。

からだを洗うときはゴシゴシこすらない

肌についた汚れや汗はしっかり落とすことが大切ですが、洗浄力の強いボディソープを使ったりナイロン製のタオルなどで肌を強くこすると、必要以上に皮脂を落としたり肌表面にダメージを与えて乾燥肌や肌トラブルを招きます。 アレルギー反応を起こしにくい綿のタオルや手のひらを使ってやさしく洗いましょう。
また、ボディソープは、原液のまま肌につけると洗浄力が強すぎて肌荒れの原因になります。 しっかり泡立ててから泡をのせて泡を転がすように洗ってください。

熱いお湯に注意

肌の乾燥が気になる人は熱いお湯に長時間つかっていると、肌の潤いが流れ落ちてしまったりかゆみが増したりする場合があります。 シャワーも同じようにお湯の温度が高すぎないようにご注意ください。

湯上りの保湿ケア

肌の乾燥が悪化する前に正しい保湿ケアで予防することが大切です。 入浴後は、肌表面の角質が水分を含んでやわらかくいるので、失われたうるおいを補うのに最適なタイミングです。肌への浸透力が高まります。 肌を刺激しないやさしい成分を配合した肌になじみやすい保湿剤を選びましょう。

洗顔後に化粧水やクリームでスキンケアをするのと同じように入浴後のからだのスキンケアも必要です。 毎日のボディケアで肌の乾燥を防いで、うるおいのある健やかな肌を保ちましょう。