読みもの -美肌理論-

スキンケアで変わるメイク仕上がり

しみがある部分にメイクをするときに「厚塗りになってしまう」というだけでなく
「メイクがのりにくい」
「重ねてもヨレてしまう」
と感じませんか?
その原因は「コンシーラーやファンデーションを重ねているから」だけではありません。

しみ部分の皮膚は、角化異常や表皮が肥厚したり
・水分量が少ない
・柔軟性がない(硬い)
・キメの乱れ
という特徴があるからです。

そのため、しみにメイクをすると
・付着量が多くなる
・付着量がばらつく
・密着しづらい
という傾向になるのが、しみに悩む女性を対象とした研究でも証明されています。

悩みに合わせたスキンケアはメイク悩みを解消する意味もあります。
メイクの仕上がりをよくするためには、肌にうるおいやハリを与えるスキンケアで肌表面を整えましょう。毎日のスキンケアに取り入れると美しい仕上がりのメイクを保てます。